カードローンおすすめNo.1はこちら!

 

「お金を借りる」とは

どんな裕福な人でもお金を借りるケースと遭遇するものです。

まして厳しい経済状況が続いている現在、わたしたち一般庶民にとってお金を借りるということは日常的なことといってもよいのではないでしょうか。

しかしお金を借りるといってもシチュエーションはさまざまです。

法事や結婚式など急に出費が必要になった場合、
あるいは病気や事故などに見舞われた場合といった不測の状況。
またはどうしても欲しいものがある、遊びに行く用事ができた
といったシチュエーションから
ギャンブルにはまってしまい借金を返すために
新たにお金を借りる必要があるなど。

それぞれのシチュエーションによって
借りる方法や借りやすさが異なってきます。

お金を借りる方法としてはまず知人に借りるか、
金融機関に借りるかの選択肢があります。

前者は融通が利く反面、トラブルの元になる恐れがあります。
後者は手軽に利用できる反面、利息の問題を考えなければなりません。

さらに、金融機関で借りる場合にはさらに用途を限定するか、
しないかの選択も求められます。

こちらの前者は住宅ローンや教育ローンなど、
あらかじめ使用する用途を限った上で融資を受けるタイプ。
後者はカードローンのように
用途を限定せず好きに利用できるタイプです。

前者の方が金利が安く、まとまった金額を借りられますが、
当然他の用途には利用できません。
後者は融資を受けたお金をどう使おうと本人の自由ですか、
その分金利が高く、融資限度額も限られています。

前者は担保や保証人が必要。
後者はどちらも必要ないという違いもあります。

お金を借りる際には何のために借りるのか、
借りたお金を何に使うのかをしっかりと把握し、
それに相応しい方法で借りることが求められるのです。

お金を借りる際の金利について

お金を借りる際に必ず注意しておかなければならないのが金利の問題です。

近い先に収入を得るあてがある場合、そのときまでにどれぐらいの利息が発生することになるのか、この点をよく把握しておかないと利息が膨れ上がって返済が不可能になってしまう場合もあります。

キャッシングの場合、基本的には借りやすいほど金利が高くなります。審査が甘い、融資限度額の上限が高いといった魅力的な条件を取るか、金利を取るかの選択も必要になってくるわけです。

金利といえば忘れてはならないのが「過払い」の問題です。
かつてキャッシングの金利においては
出資法と利息制限法の2つの上限が設定されていました。

出資法の上限が29.2%、利息制限法が20%です。

この両者の上限の差を「グレーゾーン金利」と呼んでおり、
利息制限法を越えた金利で
利息を支払った場合には「過払い」が発生していたのです。

現在ではどのキャッシング会社も
利息制限法に基づいた金利設定を行っています。
具体的には

10万円未満の場合は20%、
10万円以上100万円未満の場合は18%、
100万円以上の場合は15%

キャッシング会社を選ぶ場合には
この範囲内で金利が設定されていることを前提にしたうえで
どこがもっともお得かを比較することになるのです。

闇金融などの場合、
こうした上限を無視した高い金利で融資している場合もあります。
いくら切羽詰っているからといって
不当に高い金利のキャッシングを利用しないよう、
注意するようにしましょう。

あくまで返済できる範囲内での利用が
キャッシングの大前提となります。

お金を借りる際の審査について

消費者金融や銀行からお金を借りる際にはかならず審査が伴います。

たとえば住宅ローンなど高額の融資を必要とする場合にはかなり厳しい審査が行われることになります。

キャッシングローンの場合は比較的審査は緩い傾向が見られますが、それでもきちんと返済できるかどうかがチェックされます。

審査に関しては
各金融機関ごとに独自の基準を設けているのが大きな特徴です。
つまり、ある銀行で審査が落ちたにも関わらず、
他の消費者金融では通ったというケースも少なくないのです。

お金を借りる際の審査基準は?

最大のポイントとなるのは年収と借入れの総額。

キャッシングに関しては総量規制が行われるようになり、
ポイントとなるわけです。

それから借入れの総額。

複数の金融機関から借入れがある場合、
総額で3分の1以下であることが求められます。
またすでに多くの借入れ件数がある場合には
融資額が少なくても審査で落とされてしまう場合もあります。

あとは就業環境。

収入の高さとは別に安定した収入環境にあるかどうかが求められます。
高収入でもアルバイトやフリーランスの仕事の場合、
公務員や会社員などの安定した就業環境よりも不利になるケースもあるのです。
契約社員、派遣社員も審査の際にマイナスになる可能性が多くなります。

こうした点に注意しつつ、
審査が緩い金融機関を選ぶことも必要になってくるでしょう。
金利や融資額とのバランスも考えながら判断するようにしましょう。

お金を借りる際の限度額について

どんなところからお金を借りる場合にも限度額というものがあります。

相手が銀行だろうと、親・友人だろうと返済能力を超えた借金は難しいものです。

支払える範囲内で借りる必要が出てきます。

金融機関で借りる場合にはあらかじめ限度額が設けられています。
住宅ローンでは建物の購入金額の80%までというのはよく知られている上限です。
もっとも身近なお金を借りる手段であるキャッシングでも限度額が必ず設けられています。

キャッシングの場合、具体的な限度額と、
借りる人ごとに決められる限度額の2種類が設定されるのが基本です。
具体的な限度額は各キャッシング会社によって異なっており、
だいたい200〜500万円くらいの間となっています。

一方借りる人ごとに決められる限度額とはその人の収入、
就業環境、あるいは他の借入れ件数・金額などの要素によって
決められることになります。

つまり、年収が多く、安定した職業についており、
借金が少ない人ほど
具体的な限度額ギリギリまで借りることができるわけです。

一方学生や主婦のように安定した収入環境にない人、
アルバイトや派遣社員のように不安定な環境にある人、
すでに他者から借入れがある人の場合は限度額は低めに抑えられます。

そのほか、年収の3分の1以下までしか融資が認められない
総量規制の問題もあります。

お金を借りる際には
いくらでも借りられるわけではないことを踏まえたうえで
計画的に金融機関を利用するようにしましょう。

たくさん借りたいからといって、
あちこちから借りようとしても
思ったようにいかないことは覚えておきたいものです。

 

カードローンおすすめNo.1はこちら!